ZeZeZaZa – Yeah!Yeah!Yah!Yah!

BBRJ-014

ブルックリン界隈譲りのタイトかつダンサブルなリズムに、混沌とからむエレクトロニクス。まるで極彩色のトリップ映像の様に、無数の音数が作り出す音像は、華やかに広がるサイケデリアの様でいて、それは自他共に影響を認めるAnimal CollectiveやYearsayer、the Drums、Black Diceなどのアーティストを想起せずにはいられません。

そして前衛的なサウンドを見事にポップミュージックとして成立させているのが、メロディの良さと、一度聴いたら耳から離れないキャッチーさ。古き良きUSやUKのインディーロックからの影響や、良質なインディーポップ、メロディック・パンク等を通過して来たからこその力強さを秘めていて、浮遊感、サウンドスケープ等、ダンス・ミュージックとギターロックの狭間を駆け抜ける様は、Modes MouseやYo La Tengo、Built to Spill、Dovesなどの良質なインディーロックからの恩恵も感じさせる。インディーロック~バレアリック~チルウェイヴ、全て呑み込んだ孤高のダンスミュージック。

ギターフレーズがサウンドスケープを誘い、タイトでミニマルなドラムが思わず体を揺らさせる”Ponpidon”や四つ打ちのリズムが心地良すぎる”Stop”と言った、ダンス・ミュージックへの傾倒や尊敬を色濃く打ち出しながらも、一緒に唄うことも出来てしまうポップさは、唯一無二、異端的であれど、実に痛快。一方で、疾走感溢れるサウンドと強力なサビが、実に印象的な”Run”や、ミッドテンポながらも、まるで迫りくる様に心を締め付ける、言い知れない哀愁と切なさが、Boards of CanadaやEpic45、Lymbic Systemと言った良質のエレクトロニカやブレイク・ビーツの様に溢れている”AME”や”I_S_I_A”など、わずか6曲ながらも彼らの音楽的引き出しの多さと探究心を感じさせる多彩な内容。

Track List:
1. Ponpidon
2. AME
3. Gam
4. Run
5. I_S_I_A
6. STOP

BBRJ-014
Distribution: NEWTOK / Art Union
Release Date: 2012.04.18
Price: ¥1,200(税込)