FU-MU – POP EYE SNOB

BBRJ-015

閉塞感をかき消す圧倒的な熱量と情報量、まさに、これぞインディー・ポップの極北
サンプリングとリアルタイムループが織りなす肉体的なビートと、限りなくポップなコーラス・ワーク。実験的かつ普遍性も両立させる唯一無二の楽曲!
名古屋発のポップ・マエストロ・ユニット、FU-MU のデビュー・アルバム!

PCを用いる事なく、リアルタイム・サンプリングで次々と音色を重ね、ユニットという編成とは思えない程に、厚みのあるパフォーマンスとそのコーラス・ワークが話題を呼んできた、名古屋アンダーグラウンドの顔役アーティスト、FU-MUのフル・アルバムが遂に完成。

これまでのリリースは一部レコード店で限定発売されたEPのみであるにも関わらず、STUDIOVOICEによるピックアップや、伊藤英嗣氏(COOKIE SCENE)からの絶賛コメント、坂本龍一氏のラジオ「JWAVE RADIOSAKAMOTO」でのオンエアー、そしてボーダレスなライブ共演などで話題を呼んできた彼等にとっての「ポップ・ミュージック」の最新型が濃縮された全12曲。

ライブでオーディエンスを圧倒してきたその肉体的かつダイナミックなビートとリアルタイムループ、緻密なエレクトロ・ミュージック譲りの構成力はそのままに、スタジオ作品ならではの実験性や遊び心を至極ポップなメロディーと結びつけていく。透明かつ繊密に計算されたコーラス・ワークは、無機質なエレクトロ・ミュージックという枠を飛び越え、普遍的なポップスとしての魅力を作品全体に宿すことに成功しているライブでもすでに披露されその太いファンクネスがバンドの代名詞とも認知されてきたM3、M6、M10といった楽曲と、流暢なメロディにフォーカスが置かれたM2、M11、M12、さらにギター・オリエンテッドなM8など、様々なインディー・ポップからの影響を昇華した上で、これぞFU-MUと言うべき唯一無二の仕上がりとなっている。

バラエティに富んだ楽曲の集合体でありながら、作品全体に宿る不思議な統一感はさながら長編小説のそれにも近い。日常における閉塞感をかき消す圧倒的な熱量と情報量。まさに、これぞインディー・ポップの極北とでも形容すべき、圧倒的なファースト・アルバム。

Track List:

1. models
2. routines
3. easy to lost
4. water
5. No.9
6. aporia
7. island
8. sing it to her
9. park
10. electric pool
11. maison
12. always holidays

Distribution: NEWTOK / Art Union
Release Date: 2013.12.04
Price: ¥1,890(税込)/ ¥1,800(税抜)